水素水の選び方、どれが良いのかを考える

水素水の選び方、どれが良いのかを考えていきます。水素水サーバー、どのような容器に入れられているか、水素の含有量にも注目

水素水の選び方、どれが良いのかを考える

“健康のために、美容のために水素生活をスタートしている人がとても多くなりました。これから始めようと思っている人も少なくないはずです。簡単にできる健康法でもあり、美容法でもありますが、大事なポイントを押さえておいてください。水素をいかにたっぷりと体内に取り込めるかどうかです。そう考えると水素水サーバーで作りたての状態で飲むことが一番理想的です。しかし、サーバーを設置するのはちょっとと考えている人もいるでしょう。市販されているものでも、十分たっぷりと水素が充てんされている商品があります。その中から、どれが良いかを考えましょう。

まずは、どのような容器に入れられているかです。水素はとても分子が小さいために、容器によってはどんどん水素が抜けてしまいます。以前はペットボトルに入って販売されていることがとても多かったのですが、ペットボトルでは水素が抜けやすいので、実際に飲むときにはほとんど水素が入っていない普通のおいしい水になっていることが多かったのです。そこで、各メーカーは工夫して水素が抜けにくい容器を開発しました。よく見かけるアルミパウチに注目しましょう。普通のアルミパウチとは違って、何層にもなっており、分子の小さい水素が外に抜けにくくなっています。だから、アルミパウチに入っていれば水素がたっぷり入っていると考えて良いでしょう。

アルミということであれば、アルミ缶に入っていても良いのではないかと思われるかもしれませんが、アルミパウチのほうが水素が抜けにくいので、購入するときは、アルミパウチを選んだほうが良いでしょう。アルミ缶の隙間から水素が抜けやすいからです。同じアルミでできていても、アルミパウチのほうをお勧めします。また、長期間保存する場合は、アルミパウチでもふたがついておらず、端のほうを切って飲むタイプを選んだほうが水素がより抜けにくいので良いでしょう。

より効果を求めたいのならば、やはり水素の含有量が高いほうが良いです。パッケージにどれくらいの水素が充てんされているかが書いてあるでしょう。1.0ppmで十分効果を実感できると言われていますが、自分の体内には活性酸素がたくさんあるから、人一倍水素を取り入れたほうが良いと思っているのならば、1.6ppm以上の高濃度水素水を選んだほうが良いかもしれません。特に、ダイエット目的であればより濃度が高いほうが理想です。

どんなに高濃度な水素水を購入したとしても、開けてすぐに飲み切らなかった場合、水素はどんどん空気中に逃げてしまいます。だから、飲み切りサイズを選んだほうが良いでしょう。せっかくたっぷり水素を補給したいと思っていたのに、水素がほとんど入っていない状態で飲むことになるかもしれません。そうならないようにするためにも、水素がたっぷり入った状態で飲み切りましょう。アルミパウチなら比較的女性でも1度に飲み切れるサイズが多いので良いのではないでしょうか。

公開日: