水素水の選び方、どれが良いのかを考える

水素水の選び方、どれが良いのかを考えていきます。水素水サーバー、どのような容器に入れられているか、水素の含有量にも注目

水素水は脂肪の膜の酸化を抑制し、ガン予防の効果を示す

   

水素は、脳の虚血再灌流障害に有効とされるまで人体に対して不活性物質とされて来ましたが、医療現場でも水素の多岐に及ぶ医療的効果が様々な研究機関で実証され、水素水の市場規模は300億円を超える規模の市場となっています。

水素水は、日本で製品化され市場に投入されて以来、東南アジアを始めとして北米や北欧などでも飲用される様になり、医療機関だけで無く事務所や自宅でも水素生成機能付きウォーターサーバーを見かける様になっています。

水素水は、非常に身近な飲料水となっています。地球の大気は、窒素ご約78%と酸素が約20%を占め、水素は0.00005%しか含まれていない為に、人間は呼吸により体内に取り入れられる水素は非常に微量です。

対して、酸素は大気中に水素の40万倍含まれていた事もあり、酸素から生命維持活動の為のエネルギーをミトコンドリアで生成する代謝過程の副産物や生体維持活動に使われなかった約2%〜約3%の酸素がスーパーオキシドアニオンラジカルやヒドロキシルラジカル、過水、一重項酸素の4種類の活性酸素として体内に留まります。

活性酸素は、好中球やマクロファージなどの白血球ご取り込んだ体内の細菌やウイルス、毒物などを殺菌や分解する免疫機能の一端を担っている生命維持活動に活動に不可欠な物質ですが、余分な活性酸素はスーパーオキシドアニオンラジカルを不均化するスーパーオキシドディスムターゼや過水を不均化するヘムタンパク質の一種カタラーゼ、スーパーオキシドディスムターゼにより還元された過水を不均化するペルオキシダーゼなどの酵素により無毒化されます。

しかし、過剰なストレスや過度の疲労蓄積、喫煙、運動不足、紫外線などによる体内の無毒化能力以上に生成された活性酸素は、様々な疾患の原因となります。水素水は、飲用するだけで高い抗酸化作用を持つ水素が体の隅々まで拡散し、活性酸素の中でも最も強いヒドロキシラジカルを始めとする活性酸素を無毒化する効果が簡単に得られる魅了があります。

水素水は、活性酸素による不飽和脂肪酸と呼ばれる脂肪の膜の酸化を抑制し、活性酸素の細胞内への侵入及び細胞核内のDNAの突然変異を阻害する事でガン予防の効果を示し、過酸化脂質の付着による動脈硬化を抑制し心疾患や脳血管疾患の発症リスクを下げる効果もあります。

又、脳内の脂質が活性酸素により酸化される事により脳内のリボフスチンの濃度を高められアミロイド線維が増加し発症するアルツハイマー型認知症や毎日の紫外線により生じる活性酸素の影響で水晶体の成分が変質してしまう白内障、血液中の過剰な活性酸素によるミトコンドリアや肝細胞、毛細血管などの損傷予防にも有効とされています。

水素は、厚生労働省に食品添加物として認可されている安全性の高い物質であり、水素水を過剰に摂取しても活性酸素と反応した分は水に変化し、反応しなかった分に関しては呼吸器系から排出され無害なので安心です。

 - 効果