水素水の選び方、どれが良いのかを考える

水素水の選び方、どれが良いのかを考えていきます。水素水サーバー、どのような容器に入れられているか、水素の含有量にも注目

妊娠すると便秘になりやすいといった話

   

私はもともとすごく快便で、便秘になどなったことのない体質でした。

友人から便秘で困っているといった話は聞いたことがありましたが、実際に自分は経験したことのないことなので、大変そうだなと思いつつも自分には関係のないことだと思っていました。そんな私が便秘になってしまったのは、妊娠したためでした。

一般的に妊娠すると便秘になりやすいといった話は聞いたことがあったのですが、それは便秘体質の人が妊娠してさらに便秘になったということで私には関係のないことだと思っていました。私はもともと、大きい方に行きたいと思ってトイレに行くと30秒~1分程の時間で排便できていて、1日に2?3回は出ていました。しかし悪阻もやっと落ち着いてきた妊娠5ヶ月の頃、毎日朝食後排便感があったのにそれを感じない日がありました。

特に排便感を感じないのでそのままでない状態で夜になりました。すると、夕食後軽い腹痛がありトイレに行きました。最初は何か悪いものでも食べたのかなと、下痢をするかなと思ったのですが一向に出ません。しばらくトイレでいるとやっと排便感が出てきました。

下痢ならすぐ出るはずがなかなか出てこず、汗でびしょびしょになりながらトイレにいると、少しは出てきたのですがとても硬くて大きいためなかなか出てこないのです。こんなこと経験したことがなかったので、どうしようかと本当に悩みました。半分ほど出ているのにいくら踏ん張っても一向に出てこないし、どうしたらよいか分かりませんでした。

そこで1時間程過ごしやっとのことで排便できたものの、便秘とはこういうことかととても怖くなりました。妊娠しても私は便秘になんてならないだろうと思い込んでいた私は、自分の身体の変化にとても驚きどういった対策を取ろうかインターネットで調べ始めました。そこで便秘に対して無知であった私が得た情報は、飲むヨーグルトを毎朝起床直後に1本一気に飲むといいということでした。

また、お腹に拳で「の」の字を書くようにマッサージをするといいということを知りました。翌日から私はその両方を実践することにしました。私がとても効果を感じたのは起床直後に飲むヨーグルトを飲むことでした。飲んで少しすると、お腹がぐるぐる言い始めて排便感が出てきました。そして、以前のように苦労することなく排便ができるようになりました。また、妊娠してから私の場合は排便感を感じにくくなってしまったので暇な時間などに「の」の字をお腹に書くマッサージをすると、より快便になったように思います。こうして私は便秘を克服しました。

 - 症状